2022年08月13日

今、あえてのスタートアップ

最近見た何かの報道で、

コロナ禍で莫大な赤字を計上した旅客業界で、

あえて今、スタートアップが盛んだと言われていました。

大手がやらない機体や路線で、地方活性やインバウンドを狙うとのこと。

資金も集まっているとのことでした。


振り返って、同じくコロナ禍で大きな被害を受けた飲酒系外食業界ですが、

こちらにはもはや、銀行も融資を行う方向性は全くと言って良いほど無く、

ただただ自社の売上改善のためだけに、飲酒系ではない昼間の業態に変更してうまくいかないところや、

いまだ営業は行っているものの、大幅な債務超過に陥っているところなど、良い話はほとんどなく、

空き物件も引き続き埋まらない状況が続いています。


同じくコロナ禍で被害を受けた業界ながら大きな違いです。


飲酒系外食が戻るのは(戻ることは無いとも言われますが)、一番最後であるとも言われています。

では、飲酒系外食業界にスタートアップは出ないのでしょうか?

そうは思いません。

ただひたすらに安さだけを追求した店づくりとも異なります。


その芽と、ヒントは、業種違いの社による複合的なエンターテイメント施設にあると思います。

前述の航空業界のあるスタートアップは飛行機とはまったく関係のない「ガス」屋さんによるものだとのこと。


特に飲酒系外食業界への融資が見込めず、大手居酒屋チェーンの業態変更が続くなどの中では、

業種違いの社による取り組みに楽しみなものが注目されます。

私たちもこうした案件にさらに提案を進めて参ります。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:雑感
posted by B.A.R planning at 13:00| 環境開発計画

2022年08月06日

あえてレッドオーシャンで戦い勝つ

先日いただいたお話の中で、

ある、レッドオーシャン中のレッドオーシャン、

週販で実績が芳しく無ければ容赦無く切り捨てられる、

そんな売り場向けの商品開発の話がありました。


このような売り場では、

業界のトップ企業しか普通は生き残れないことは言うまでもありませんが、

『文化』=“生活様式”である限り、

このような売り場を避けては、新たな飲酒文化が生まれることはありません。


それでは、業界トップ企業でも無い社が、

新たな飲酒文化を生み出すべく、このような売り場で戦って勝つにはどうすれば良いか。


本来であれば飲酒文化を創出する公式である“業家連動”を戦略的に取り組むべきですが、

その予算も無い社の場合は、ただ指を加えて他社による新たな提案を待ち続けることしか出来ないのでしょうか。


この難問の答えもやはり、“業”にあると言って良いと思います。

飲酒は結局のところ、“家か店か”でしか飲みません。

ごくごく一部のイベントなどで、飲酒文化の創出に繋がることは決してありません。

“店で体験した価値を家でも楽しむ”

この流れはどうやっても変わりません。


メーカーさんの素晴らしい技術と、エンドユーザーの店(外食)での体験価値が寸分のズレなく一致した時、

家飲み市場に繋がり、新たな飲酒文化が生まれる可能性は大いにあると、

大いに可能性を感じるお話の機会を頂きました。

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2022年07月30日

“わたしごと”にならない価値発信の齟齬

ある業界紙で、

商品になじみがない層に価値を発信するには、

SNSや動画でインフルエンサーに発信してもらうことが有効。


とあった。


本当にそうだと考えているのだろうか。


まったく別のある記事では、

顧客価値体験で必要なことはいわば“表明と開示”を前提に、

かつ、その情報の受け取り手にとってあるたくさんの選択肢の中で、

【受け取り手自身にとって意味があるかどうか】が重要だとある。


この2つの間にある齟齬はなんだろうか。


それは、『自分』という主語が明確に異なる点ではないだろうか。

前者では『自分』とは、その業界人たち。

後者では『自分』とは、消費者である。

当然、その商品が売れているのは後者であり、前者は市場がシュリンクしている。


『自分』=“わたしごと”になるには、

その消費者の生活の中に実地として現実に入り込まなければ“わたしごと”にはなり得ない。


一見、SNSやインフルエンサーは、一般消費者の生活の中に入っていると思いがちだがそうではない。


“わたしごと”にして思い返してみれば自明の理だが、

自分の見たい情報を見ている中に、自分にとって意味のない情報がインフルエンサーから流されたとしても、完全にスルーしてはいないだろうか。

いや、スルーしたことにも気づかないくらい、眼中に無いではないだろうか。

TVCMだろうが、有名人だろうが、インフルエンサーだろうが、

“わたしごと”でないものはそもそも見もしないのである。


消費者の“わたしごと”に新たに入り込むには相応の投資と、すぐには結果が見えづらい、汗と涙の地道な現場展開が必要なのであり、

そろそろ、“効果的”とか“効率的”とかいう言葉に隠れた、人任せで自らは汗をかかない戦略を改める時ではないだろうか。

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画