2022年05月21日

“値上げ”ではなく“価値上げ”を

「値上げ」のニュースを聞かない日は無い

と言って良いほどに、幅広い品目で値上がりしています。

さらにはまだまだこれから更に上がるとも言われていますね。


当然、飲食店の「原価率」も上がっており、

業態毎に差はあるものの、

前年度比で2〜4%前後UPしているとの情報もあります。


これを受けて、有名回転寿司チェーンの値上げのニュースに代表されるように、

飲食店でも値上げが待ったなしの状況です。


更に悪いのは、

この上、人件費の上昇、来客数もコロナ前に戻らないことなどが重なり、

直近の「新型コロナ」関連の経営破綻で飲食が最多、

中でも従業員数の少ない小規模店舗が多くを占めています。


あきらめや、めどが立たないなどとの店は致し方ないとして、

現下の状況を乗り切って、残っていく店はどうしているのでしょうか。


それは、(値上げだけでなく)“価値上げ”を行っていると言って良く、

自店に来て下さるお客様に、自店でしか過ごせない時間を提供し、

他では体験できない唯一無二の愉しさや喜びを提供することに、

妥協せず、徹底的に詰めて、日々高めていく、

そのような店舗現場を造り上げている
と言って良いでしょう。


各業態、これから残っていく店は、

それぞれにお客様にとって明確な存在意義のある

“価値上げ”を実践できる店であることから、

顧客起点による今後の外食シーンとしては、とても楽しみなものになると思っています。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:雑感
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画