2024年06月15日

ビアフェス東京2024で感じた清酒市場のスタンス

先週末、恵比寿ガーデンプレイスで行われた、

ビアフェス東京2024に伺いました。


伺うのは昨年開催されたビアフェス横浜2023に続いて2回目でしたが、

出展メーカーの顔ぶれは結構入れ替わっているように感じられ、

前売り券5,400円、当日券6,000円という設定にも関わらず、

2日間で2500名という盛況ぶりで、

クラフトビールファンの飲み手が、思い思いに愉しまれていました。


出展メーカーは多彩で、

一般にも知られている大手のクラフトビールメーカーから、

規模のある酒造メーカーの一部門として製造している所や、

卸としてPB商品を出品している所、

そして、全国各地の小規模独立系の製造場まで。


それらのメーカーが造るクラフトビールは個性豊かで、

一般的な大手ビールメーカーのNBビールとは異なる土俵であり、

むしろ、

バーで楽しむオリジナルカクテルの性質に近いと言っても良いほど、

バリエーションはもちろん、その仕上がり品質の高低、

造り手のコンセプトや製造習熟度などがモロに感じられました。


昨年初めて出展したメーカーで、品質が高く評価され、

今年は行列ができていたブースもあり、

それぞれのメーカーは、

いかに自分たちのファンになっていただけるかが勝負という感じで、

こういう側面も、NBビールのそれとは異なり、

バーテンダーや飲食店舗のそれに近い性質のものだと感じました。


ということは、

クラフトビールの市場という側面では、個人店飲食店同様、

群雄割拠で統一感とは反対の個々の魅力を楽しむ市場であり、

大きく市場創造がなされるような性質の商品ではないことも確認できました。


各ブースを回りながら、そんなことを考えていましたが、

振り返って日本酒(清酒)市場も、

このような性質がより強まっているようにも感じます。


一部のファンだけが楽しむ限られた市場に向かうというベクトルで、

加速的にシュリンクする清酒市場を肯定するスタンスで、

業界は良しとするのでしょうか。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:酒類業界
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2024年06月08日

好立地日本酒バーでの蔵元イベント

先日、あるターミナル駅地下直結の商業施設内にある、

好立地の日本酒バーにて開催された蔵元イベントに参加させていただきました。


こちらのお店は、食べログの評価も低くなく、

口コミ数も多い方ではないかと思われる、

ユーザー評価の比較的良い日本酒バーなのですが、

今回のイベントには、一般のお客さま、お店の常連さまの参加は数名で、

大半の参加者は関係者という感じでした。


一見すると“大丈夫か”と思われるようなイベント集客状況ですが、

私はこうしたお店にこそ、“日本酒の飲み場”たる存在意義があると感じました。


日本酒のトライアルユーザーが楽しめる雰囲気の貴重な日本酒専門店。


いわゆる日本酒専門店で蔵元イベントなど開催しようものなら、

いつもの顔ぶればかりの参加になる、

日本酒ファンだらけの、「どうもどうも会」になるような店ではなく、


一般営業でトライアルユーザーが多く来店し、

その評価も高く、楽しんでいる繁盛店であるが、

イベントとなるとそうしたトライアルユーザーには少しハードルが高い。

そんな立ち位置の日本酒の“飲み場”は大変貴重です。


当然、好立地だからトライアルユーザーが入りやすいという与条件もありますが、

こうしたお店を着実に増やしていくことが、

ひいては日本酒の新市場創造、新たな“飲み場”の創出に繋がると思います。


次回は通常営業にて伺います。

ありがとうございました!

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2024年06月01日

デザイン事務所+レストラン

以前、日経MJでオープン記事を拝見し、

気になっていた飲食店へ業務店調査にて伺いました。


天高4.6メートルある箱のロフト部分に「デザイン事務所」が入り、

ロフト下というか本来のフロアというべき部分が「レストラン」。


「デザイン事務所」がオーナーとのことながら、

ビル側は飲食店として入居をとのことで、

「デザイン事務所」オーナーが、旧知の友人であったシェフに声をかけ、

内外装デザインフィー無償、家賃折半という好条件で、

出店されたとのことでした。


さらにこちらの「デザイン事務所」では、多くの美容室のデザインに加え、

飲食店のデザインも行われており、

この「レストラン」部分は当然、

新規クライアント商談などでも実際に見せることができるため、

「デザイン事務所」にとっても有用なので、

お互いにwin-winの関係での出店なのですね。


おまけに「レストラン」の席数は、

テーブル2つ8席とカウンター6席で、

ドリンクはセルフ、申請方式を取られており、

シェフの1オペで運営されており、

客単価も6,000円前後で平日でしたが1回転はしている様子。

充分に利益の構図ができていました。


話題性も取りやすく、損益分岐点も低いため、

人間関係さえ良好なら、永く盛業される業態だと思いました。

今後、ビル側の契約ほか、諸々の与条件が許せば、

こうした個人店の出店が増えると面白いですね。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:業務店調査
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画