2022年02月19日

ひだりにおくもの

前職の時、よく、“ひだりにおくもの”の大切さを教わり、

現在でもそれを使わせていただいています。


最近の日経ビジネス、

『会社を強くする「教科書経営」』という特集に、

星野リゾートさんの記事があり、

『「100%教科書通り」の経営が会社を強くする』として、

星野佳路代表の話が書かれており、

私たちが使う“ひだりにおく”ということと近い意味だと感じました。


私のブログでも以前、

“お酒の新市場はこうしてつくり出される”として、

【公式】、業界の【定数】の話を書きました。

定数とは物理学で、状態変化の間を通じて一定の値を保つ量であり、

要は、あーでもない、こーでもないと各個人の意見はあれども、この数字、公式は変わることがない。

それぞれの意見が好き放題出て、まとまらない状態になったとしても、

過去の経験や、声の大きい人の意見に任せるのではなく、

必ず戻るべき軸、拠り所と言って良いものです。

20220215sui.jpg
※今週新発売されたお酒。このお酒の展開も、なんとなく流行に乗ったものではなく、しっかりと公式、定数に沿ったものだということが証明されています。


ところが、仕事の中にはまだまだ、

“ひだりにおくもの”や「教科書」、【公式】や【定数】に拠らず、

ただ経験や、声の大きさ、各個人の考えなどをひたすら議論し、

なんとなく結論めいたものを出そうとしているシーンが多々あります。


このことが、生産性の高い会社、低い会社を分ける、

一つの要因になっていると言って良いと私は思っています。

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画