2013年06月25日

NBA六本木支部SAKEカクテルセミナー

6月24日(月)は、MOTOZAKE展開始まって以来初!

日本バーテンダー協会様の勉強会でSAKEカクテルセミナーを開催させて頂きました!

今回は、SAKE HALLバーテンダー織部が所属する六本木支部で、

織部と同支部技術研究副部長でbar Amberの山川さんの間で開催のお話がまとまり、

SAKE HALLを会場として行わせて頂きました。
NBA六本木支部勉強会準備.jpg

まずは私からMOTOZAKEと、MOTOZAKEベースの日本酒カクテルが、

日本のバーテンダーによる“ニッポン発信型カクテル”の開発が可能な唯一のカクテルベースならびにSAKEカクテルであることの意義をご説明させて頂きました。

東京の中心地でバーテンダーとしてご活躍されておられる皆さまには、

世界に向けて日本のバーテンダーがニッポンのカクテルを発信する意義を感じて頂けたように感じました。

そしてそのあとは日本名門酒会 田村さんより、日本酒自体のお話しをして頂き、本醸造・純米・純米吟醸と試飲して頂き、それぞれの酒質の違いを実感していただきました。
六本木支部勉強会田村さん講義.jpg

その上で、カウンターに移って頂き実際にMOTOZAKEで日本酒カクテルをメイキングして頂きました!
六本木支部勉強会織部実技.jpg

スタンダードなサキニックで、いかにMOTOZAKEのベース酒の個性がカクテルにしても反映しやすいかを体感頂いたり、

若竹MOTOZAKEと静岡産メロンや山葵でつくる“Farm to glass”地域発信カクテルを実際につくって頂いたりと、

さすがはプロのバーテンダーの皆さま、自由にいろいろなMOTOZAKEカクテルを試して頂きました!

嬉しかったのは皆さま口々に「ミクソロジーカクテル」ベースとしてのMOTOZAKEの相性が抜群だというご感想を頂けたことでした!

MOTOZAKEベースの“Farm to glass”カクテルこそ、まさに“ニッポンミクソロジーカクテル”として最適であると認めて頂いたことで、MOTOZAKE展開にお墨付きを頂いたような気分です!

来月7月8日(月)は静岡でのセミナー開催も決まっており、NBA静岡支部の方々も多く来られるとのこと。

今回の六本木支部の皆さまに力を頂いて、静岡の皆さまにもMOTOZAKEカクテルの意義をお伝えしに参ります!


NBA六本木支部の皆さま、ありがとうございました!!






by Toshiharu.y
タグ:MOTOZAKE
posted by B.A.R at 14:00| Comment(0) | SAKE HALL HIBIYA BAR
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: