2022年04月09日

飲酒は20歳から

この4月から、約140年ぶりに成年の定義が見直され、18歳から“大人”になりましたね。

契約や結婚、国家資格取得などで変わることが多い中、飲酒に関しては引き続き20歳からでこれまでと変わりません。

拙宅の2人の子供がそれぞれ今年で20歳と18歳になるため、タイムリーな話題として捉えています。


この「飲酒は(引き続き)20歳から」ということには私は賛成です。


身体的な影響はもちろん、今拙宅の下の子は受験勉強本番を迎えており、

18歳という年齢は飲酒を始め、愉しむ時期では無いことは明確であるからです。

翻って拙宅の上の子は大学生活にも慣れてきて、今後始まる就職活動までの刹那、充実した日々を過ごしているように見えます。

このような環境下で今年20歳を迎えることから、飲酒を始めることを愉しめる、また、飲み方を覚えていく時期でもあろうとも思います。

もちろん、さまざまな生活環境があるので一概には言えませんが、私はこのように思っています。


さて、拙宅でもタイムリーな「飲酒は20歳から」の件ですが、

弊社とのアライアンス企業の1社から、

“新・20歳”を集めての『お酒の愉しみかた』イベントの講師を依頼されました。

現下のコロナがもう少し落ち着いてからになろうかと思いますが、

新たにお酒を飲み始めるみなさんに、

多彩な和洋酒の種類だけでなく、人と人との関係を豊かにするような飲み方、酒業態の料飲店の愉しみ方などなど、

しっかりと本質的な愉しみかたをお伝えできるように、張り切って準備していこうと思います。

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2022年04月02日

店舗でより良い接客を実践するには?

“頭では分かっているんだけど、実際に(より良い接客を実践)するのは難しい…”

“自分達の中ではできるだけ良い接客を行っていると思っているけど…”

“お客様にとって良いことと思って行うことが裏目に出る…”


こんな声が聞こえてきます。


最初はよくできたデザインの良い店だったはずが、半年、1年してその店を見に行くと、

サービス台には物が煩雑に置かれ、いろいろなところにポスターがベタベタ貼られ、

スタッフの接客も、オペレーションを回すことでいっぱいいっぱいになっている。。

こんなシーンに出くわすことも少なくありません。


なぜ、このようなことになってしまうのでしょうか?


それは、そのお店の『存在意義』、『店舗コンセプト』が、実際に働くスタッフによって詰められておらず

また、お客様のご来店からお帰りまでにどのような接点を取ることで喜んで頂くかの詰めも無く

ただ注文を聞く、会計を受ける、物を運ぶなどのマニュアルだけが運用されていることが多くあります。


要は、自分達が有意義に働き、お客様に喜んで頂くための基礎となる【柱】があるかないか、

日々発生する課題、問題を改善する時に、拠り所となる【柱】があるかないかです。

新店舗として開店する際には、スター選手と言えるトップスタッフが立ち上げるため、

その人自体が【柱】になっているのですが、居なくなった途端に【柱】が無くなるのです。


よってこの【柱】は、「仕組み」として文字や動画などでしっかりと構築して残し、継承する必要があります。

この「仕組み」を拠り所とすれば、声の大きい人が言った個人の能力の範疇による改善に任せることなく、

そのお店の『存在意義』、『店舗コンセプト』が、しっかりと継続的に実践され、

結果、より良い接客を継続して実践することができるようになります。

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2022年03月26日

ただ酔うための酒と、命の水たる酒と

ようやく“まん防”が全国で全面解除され、

春本番を迎える中、酒主体の料飲店にも通常営業が戻りました。
spring.jpg

もう二度と、外食“禁酒法”が出されないことを心より祈念いたします。

さて、そんな中、新聞等のメディアに掲載された3つの記事に注目しました。

(1)アメリカのアルコール関連死がコロナ禍で急増、20年に3割増(※2022年3月24日nikkei.com記事)

(2)「下戸、苦情」で下克上、飲まない人々のノンアル革命(※2022年3月24日nikkei.com記事)

(3)ホントに飲酒で免疫力は下がるのか?コロナ禍の今こそ徹底検証(※2022年3月24日日経Gooday記事)

以上です。

詳細の内容は各メディアを参照いただければと思いますが、

この3記事に共通しているのは、

「ただ酔うための酒は【悪】である」という趣旨です。


私も当然「ただ酔うための飲酒」は問題であるという側面では賛同します。

しかしながらこれらの記事には、

酒の存在意義であると言って良い“命の水”たる側面が無視されています。


現下某国で行われている戦争における情報戦のようなものでしょうか。

ある一面、片面からだけ物事を見てしまうと、見解はどうしても偏りますね。


酒に関しての最近の【悪】とする潮流も同様ではないでしょうか?

酒には、人と人との関係を豊かにする側面もあります。

酒には、適量飲酒と適度なおしゃべりで、ストレスを解消し、明日への活力を得られる側面もあります。

酒には、神事から宴まで、人の歴史と文化を育んできた側面もあります。


そうした側面は一切論ぜず、ただただ【悪】であるという発信は、人が人たる文化的側面の一部をも【悪】とされかねないと強く危惧するところであります。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:雑感
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画