2024年04月13日

和酒の酒造による地ウイスキー販売の今

先日、日本酒のある試飲商談会に伺った際、

ある、ウイスキーも手がける和酒の醸造会社のブースにて、

現状の地ウイスキーのボリュームをお聞きしたところ、

なんと、売上の8割、製造量の6割をウイスキーが占めるとのこと。


自社の日本酒の販売を伸ばす“手“が無い蔵元が、

洋酒(ジンやウイスキー)に走るのはこういうことかと頷けるほどの、

私の想像を超えるボリュームでした。


しかしながらその醸造会社の担当者の方は、

「ウイスキーが良いのは“今だけ“なので、日本酒を伸ばさなければ」

とおっしゃっておられました。


決してウイスキーブームに溺れることなく、

本来のウリを伸ばさなければ中長期的に先は無いことは、

ご理解されているようでしたが、

いかんせんその実現のための“手“が無いというのが本音のようです。


改めて和酒の酒造による地ウイスキーの今、

洋酒に手を出す(しかない)蔵元の現状を見たように感じました。


これから新しく洋酒に手をだすような和酒メーカーは論外として、

清酒醸造会社、特に市場を牽引すべきNBメーカー社は、

こうした危機感をどの程度持っているでしょうか?


中小零細の蔵元や醸造会社はより強く感じているこの危機感。


『飲み場をつくる』ことに尽きる、

大手清酒NBメーカーが牽引すべきである新市場創造の取り組みは、

待ったなしの状況ではないでしょうか。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:酒類業界
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2024年04月06日

団体客が戻ってきた(か?)

例年より少し遅めの桜の季節を迎え、

一気に暖かくなってきたことも影響してか、

弊社事務所のある調布の夜も、

このところ特に週末は料飲店に、

団体客が溢れている光景をよく見るようになりました。


3月4月は“歓送迎会”で盛り上がる繁忙月ではありますが、

コロナ前から1組人数の減少傾向が顕著となり、

実際店舗でも団体客を見なくなっていました。


それが郊外と言えるここ調布でも、

夜の街に団体客が戻ってきたことを目にできることは嬉しい気持ちです。


私も先日の週末土曜日に、イタリアンを前日予約しようとすると、

1店の早い時間を除き、ほぼ全ての店が予約で満席でした。


大企業を中心に大幅な賃上げや株高という景気の良い流れの局面で、

一般的に夜の街の景気がよくなるのは一番最後だという通説がありますが、

体感的には急角度で夜の街に活気が戻ってきているように感じます。


とは言えまだまだ平日や、

遅い時間の2軒目、3軒目利用はかなり少ないのが現状です。


この良い流れが今後益々加速しそうな勢いを体感しながら、

酒主体料飲店の動向を引き続き注視していこうと思います。

環境開発計画 山本 利晴
タグ:雑感
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画

2024年03月30日

石川・富山の地酒市@日本橋兜町

先週末、日本名門酒会さまも実行委員に名を連ねる、

『石川・富山の地酒市@日本橋兜町』が開催され、私も伺いました。


1月の震災直後も、岡本屋永吉商店さまにて、

珠洲の『宗玄』酒飲んで応援企画に伺いましたが、

ニュースにも出ており、同日に金沢で開催されておりました“出張輪島朝市”はじめ、

発災から4ヶ月近く経ってこうした企画が本格開催されるようになってきましたね。


東日本大震災でも未だ復興途上と言って良い現状で、

この能登半島地震も復興には相当な長期戦が予想されますが、

日本で生活するものとして、

今後もまた、どこでこうしたことが起きても不思議ではないという心づもりが常に必要ですね。


生活はもちろん、ビジネスの側面でも、こんなにリスクの高い土地で経営することは、

生半可なことではないと、強く再認識しながら、

会場では応援のお酒を美味しくいただいてまいりました。


私どもができることは、こうした”飲んで応援”ということにとどまらず、

日本の酒復権の一助となるべく、微力ながらしっかりと取り組みを進めることであると、

その思いを強くいたしました。


週末にも関わらず、蔵元の皆様、実行委員の皆様、本当にお疲れ様でございました。

なにより先ずは、石川・富山の被災地、被災蔵の1日も早い復旧を祈念しております。

環境開発計画 山本 利晴
posted by B.A.R planning at 12:00| 環境開発計画